主婦の時短を可能にする仕組み家事プランナー - 山田亜希子のブログ

家事の流れを仕組み化する「仕組み家事」をお伝えしています。仕組みさえ作ってしまえば、家事の時間は7割減!空いた時間の使い道は自由。お金を稼いだり、好きなことに使うことができるようになります。

仕事に逃げない、そして家族に逃げない

こんばんは。
山田亜希子です。


今日は
お久しぶりの
「主婦が働くこと」を
テーマに。

「時々
こんな方がいますよ!」を
自戒も込めて
書いていきます。


今から3年前の2012年。

当時の私は

f:id:timetables:20161202203311g:plainガリガリ仕事
f:id:timetables:20161202203311g:plain最低限の家事
f:id:timetables:20161202203311g:plainちょっと子どもの世話
f:id:timetables:20161202203311g:plain寝る

1日のほぼすべてが
この4つの
どれかに当てはまるという。

「これは問題なのでは?」と
思える生活をしてました。


仕事時間だけで
起きている時間の
3分の2ほどを使い。

残った時間で
他のことを
ピンポイントでこなしていく。

そんな
「仕事一筋」な
生活を送ってました。


私がそうなってしまった理由は
仕事が忙しかったのも
あるのですが。

何よりも
大きかったのが
「家族から逃げてた」から。

思い通りにならない
家事や育児よりは。

自分の裁量が効く
仕事をやっている方が
まだマシだったのです!


その後
心身ともに
バランスを崩してしまい。

家族との関係性に
半ば強制的に
向き合った結果。

大事には至らずに
今日を迎えています。


今の仕事の現場では
「仕事をしたい」と
思っている主婦の皆さまと
関わることが多いのですが。

時々いらっしゃるんです。

家族との関係に
問題があることから
目を背けたい方が。

そして
今の自分が
抱えている問題を
忘れたいがために
「仕事がしたい」と。


こういう方が
その後どうなるのか?
っていうと。

一時期はうまくいっても
結局は
家族の問題と
向き合わざるを得ない
何かが起きるか。
(私はこちらでした)

最初から
まったくうまくいかないか。

ほぼ
「ふたつにひとつ」って
感じでした。


あと
長くなるので
詳しくは書きませんが。

「仕事を辞めたい」の
理由が
「家族を大事にしたい」
である場合。

私は
「仕事から逃げたいのか?」を
念頭に入れて
話を聞きます。

実際に
そういう例を
いくつか知っているので。


今のあなたには
何らかの問題が
あるのかもしれません。

そして
その問題に対して
真正面から取り組むのは
つらくて苦しいことでしょう。

でも
そこから逃げていても
何も変わりません。


「仕事をしたい」と
思った時に
考えてほしいこと。

そして
もうすでに
お仕事をしているのなら
心がけてほしいこと。

それは
家族を大事にすることと
仕事には
全力で取り組むことです。

そして
あなた自身を
いたわり、もてなすことも。

この3つのバランスが
程よく取れている
生活スタイルを築くことが
いちばん大事なのです。


主婦は
たくさんの
「大事なもの」を
もっている存在です。

そして
大事なものすべてを
手に入れる
資格と権利と義務がある。

私はそう思っています。




コメントへの返答を
現在ストップしています。

私からの返答が必要な方は
こちらのメールフォームを
ご利用ください。

  f:id:timetables:20161202204125p:plainお問い合わせ用メールフォーム


「元気になれる」
今日の一言を
毎朝8時に
配信しています。

ご登録はこちらから☆

  f:id:timetables:20161130221608p:plain【「主婦の時間割の作り方」メールマガジン】登録フォーム


「在宅の事務代行で
毎月確実に
お金を手に入れる!」
私のホームページは
こちらです。

  f:id:timetables:20161130221608p:plainアージュスタイル - 事務屋育成プログラム