主婦の時短を可能にする仕組み家事プランナー - 山田亜希子のブログ

家事の流れを仕組み化する「仕組み家事」をお伝えしています。仕組みさえ作ってしまえば、家事の時間は7割減!空いた時間の使い道は自由。お金を稼いだり、好きなことに使うことができるようになります。

読書する時に、あると便利な道具

こんばんは。
山田亜希子です。


興味があることは
その時々で変わりつつも。

子どものころから
ずっと好きなことに
「読書」があります。


ジャンルは変われども
何かしらの本が
いつも手元にある私ですが。

その時間を
少しでもよかったなと
思えるようにするために。

ちょっとした道具を
使っています。

それは
「付箋(ふせん)」です。


これが
私が使っている付箋。

「大・中・小」と
3種類を使い分けてます。



一番上の
小さいサイズは
目印として。

気になる部分や
後から参考にするかも、と
思う部分に
ペタペタと貼ります。



中くらいのサイズのものは
「手帳に貼るかも」な
内容を書き留める時に。

手帳に移動させると
こんな感じですね。



一番大きなサイズの付箋は
使うことは
あんまりないけれど。

何行か文章として
残したい時に
出番を迎えます。

「書く」より
「入力する」が
今の私は
圧倒的に多いから。

以前ほどは
使わなくなったかな。

でも
いざという時に
手元にある安心感には
変えられません。


さて
こんな感じで
付箋を使ってるのですが。

わざわざ使うのには
ちゃんと理由があります。

それは
「紙に書く」ことの
効果を知ってるから。


紙に書いて
目で見える形に
することには
たくさんの効果があります。

今までにも
いろいろと
書いてきましたが。

それは
読書の時も同じです。


せっかくの読書タイムを
時間の浪費にするか?

それとも
有効な時間の使い方に
するのか?

読書を趣味と
しているからこそ
それに費やす時間が
無駄にならないよう。

付箋を使うのは
そんな私にとって
欠かすことのできない
習慣なのです。




コメントへの返答を
現在ストップしています。

私からの返答が必要な方は
こちらのメールフォームを
ご利用ください。

  f:id:timetables:20161202204125p:plainお問い合わせ用メールフォーム


「元気になれる」
今日の一言を
毎朝8時に
配信しています。

ご登録はこちらから☆

  f:id:timetables:20161130221608p:plain【「主婦の時間割の作り方」メールマガジン】登録フォーム


「在宅の事務代行で
毎月確実に
お金を手に入れる!」
私のホームページは
こちらです。

  f:id:timetables:20161130221608p:plainアージュスタイル - 事務屋育成プログラム