主婦の時短を可能にする仕組み家事プランナー - 山田亜希子のブログ

家事の流れを仕組み化する「仕組み家事」をお伝えしています。仕組みさえ作ってしまえば、家事の時間は7割減!空いた時間の使い道は自由。お金を稼いだり、好きなことに使うことができるようになります。

「自分で掃除しよう」とは思わない

こんばんは。
山田亜希子です。


いちばん「嫌い」だと
言い切りたいくらい
私が苦手とする家事。

それは掃除です。

苦手とは言っても
しないといけない
家事なので。

これまでに
いろんな工夫を
重ねてきました。


なのですが
今までに
ご紹介したことには
ある共通点があります。

それは何かっていうと

「自分でできること」
「家族の協力でできること」

このふたつ。

言ってみれば
家庭内で解決していた
っていう感じですね。


今は自分の力で
お掃除することを
メインにしている私だけど。

実は
そうじゃなかった時期が
1年ほどあります。

それが
今日の記事で
書いていくことです。


私がやっていたこととは
タイトルにした通り
自分で掃除しようという
思いを手放したこと。

そして実際に
ほぼ掃除を
していませんでした。

にもかかわらず
その1年間は
私が主婦になってから
今に至るまで。

いちばん綺麗に
自宅が掃除されていた
時期でもあるんです。


前置きが長くなったから
そろそろ
種明かしをしますね。


私がしていたことは
家事代行の業者さんを
お願いすること。

週に1回、1時間
スタッフさんを
ひとりお願いして。

お掃除を中心に
余った時間で
草抜きも依頼してました。


掃除が苦手な私が
ダラダラと時間をかけて
手抜きで掃除するよりも。

たった週に1回でも
プロの方の手で
ビシッと綺麗にするのとでは。

明らかな違いがありました。


お掃除を依頼した
そもそもの理由は。

私の仕事が忙しすぎて
家事全般に
手が回らなくなったから。

なのですが
いちばん手放したい
掃除をやめるだけで。

心がふっと軽くなったことを
今でもよく覚えています。

それくらい
私にとっては
掃除とは苦痛であり
重荷だったのですね。


この記事では
私が苦手な家事が
掃除だったので

「自分で掃除しよう」
とは思わない

という
タイトルにしています。

ですが
あなたにとって
嫌な家事は
掃除じゃないかもしれません。

なのでしたら
「掃除」の部分を
あなたに当てはめて
変えてくださいね。


「嫌だ」「めんどうだ」と
思う作業には
ほぼすべて
「プロ」がいるものです。

好きなことや
得意なことは
あなた自身の手で
楽しんですればいいけれど。

そうじゃないものは
積極的に
手助けをお願いする。

この発想が
自由な時間と
心のゆとりを
あなたにもたらすのです。




コメントへの返答を
現在ストップしています。

私からの返答が必要な方は
こちらのメールフォームを
ご利用ください。

  f:id:timetables:20161202204125p:plainお問い合わせ用メールフォーム


「元気になれる」
今日の一言を
毎朝8時に
配信しています。

ご登録はこちらから☆

  f:id:timetables:20161130221608p:plain【「主婦の時間割の作り方」メールマガジン】登録フォーム


「在宅の事務代行で
毎月確実に
お金を手に入れる!」
私のホームページは
こちらです。

  f:id:timetables:20161130221608p:plainアージュスタイル - 事務屋育成プログラム