読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主婦の時短を可能にする仕組み家事プランナー - 山田亜希子のブログ

家事の流れを仕組み化する「仕組み家事」をお伝えしています。

自分のことを知るために、特性テストを利用する - その2

■1人の女性として |-- 「私らしく」生きる

こんばんは。
山田亜希子です。


ここ数日
「自分のことを知る」を
テーマに
記事を書いています。

家事のお役立ちから
離れた内容のことを
書いているだけど。

そうしているのには
ちゃんと理由があります。


それは
主婦として
そして妻や母として
忙しい毎日を送っている
私たちだからこそ。

自分自身を知ることで

「私、これでいいんだ!」
「自分らしさを
出してもいいんだ」

って思えて
楽になれると知っているのが
その理由。


私も
そのような経験を
繰り返して
「今の私」になってるから。

あなたにも
そうなってほしいなって
思ってるんです。

なので
「自分を知ることで
もっと生きやすくなる」
という目線で
このシリーズを
楽しんでくださいね。


では
昨日の続きを。

昨日は
あなた自身を知るために
ネット上にある
特性テストを受けることを
お伝えしました。

  f:id:timetables:20161130220602g:plain自分のことを知るために、特性テストを利用する - その1

なのだけれども
すべてのテストに共通する
ある弱点があるんです。

それが
番外編が必要だなって
私が思う理由。


この種類のテストを
受ける時って。

「あなたはどう思いますか?」
っていう質問に対して
いくつかの選択肢から
「私はこれ!」を
選んでいくことが多いです。

実は
ここにある問題が
隠れています。

あなたには
その問題が何なのか
分かりますか?


答えは
「自己申告で答えている」
っていうこと。

あなた自身から見えている
「あなた」の姿こそが
特性テストから分かること。

つまり
「あなたの知らないあなた」は
テストをどれだけ受けても
とても見えにくいんです。


番外編として
私がおすすめするのが
「私のいい点はどこですか?」と
誰かに聞くこと。

勘のいい方は
もうお気づきですね。

そう!

あなたのことを
誰かに聞くことと
特性テストを受けるのを
セットで実行することが
私のおすすめなんです。


自分自身の力で
「私」を見ることと
誰かの力を借りて
「私」を知ること。

このふたつを
一緒に進めることで
「本当のあなた」に
近づくことができます。

自分自身を知ることで
何が、どうなるのか?

その例として
私自身を
出したいと思います。


このブログを
最初から
読んでいただいてもいいですし。

私がお仕事として
どんなことをしているのかを
ご覧いただいても
その一端は見えてくるかな。

  f:id:timetables:20161130221608p:plainアージュスタイル - 事務屋育成プログラム


自分を知ることに
数年間じっくり
取り組むつもりがあるのなら。

あなたの身に
確実に変化が起きることを
お約束します。


「あなた」を知ることで

f:id:timetables:20161202203311g:plainやった方がいいこと
f:id:timetables:20161202203311g:plain誰かにお願いした方がいいこと
f:id:timetables:20161202203311g:plain誰もしなくていいこと

こんなことが
分かっちゃうんです。

大変なこともあるけれど
知れば知るほど
楽しくなるのが
自分を知る作業。

私もまだまだ
継続して取組中なので
あなたも
一緒にやってみましょうね。


 



コメントへの返答を
現在ストップしています。

私からの返答が必要な方は
こちらのメールフォームを
ご利用ください。

  リンク→grお問い合わせ用メールフォーム


「元気になれる」
今日の一言を
毎朝8時に
配信しています。

ご登録はこちらから☆

  リンク→gr【「主婦の時間割の作り方」メールマガジン】登録フォーム


「在宅の事務代行で
毎月確実に
お金を手に入れる!」
私のホームページは
こちらです。

  リンク→grアージュスタイル - 事務屋育成プログラム