主婦の時短を可能にする仕組み家事プランナー - 山田亜希子のブログ

家事の流れを仕組み化する「仕組み家事」をお伝えしています。仕組みさえ作ってしまえば、家事の時間は7割減!空いた時間の使い道は自由。お金を稼いだり、好きなことに使うことができるようになります。

小さめのバッグを使う

こんばんは。
山田亜希子です。


あなたは
お出かけする時に
何を持って行きますか?

ちょっと時間をかけて
考えてみてください。

そして
出てきたアイテムを
すべて紙に書いてください。


私が外出する時に
必ず持っていく物は

f:id:timetables:20161202203311g:plain家の鍵
f:id:timetables:20161202203311g:plain車の鍵(どこに行くにも基本、車なので)
f:id:timetables:20161202203311g:plainお財布

これだけです。

以前は
スマホも持ち歩いてたけど。

ご近所で
お買い物するくらいなら
使わないよねっていうことで
持たないことが増えました。


昔の私は

「あれが必要かも」
「これもあったら便利」

っていう感じで
たくさんの物を
持ち歩いていたけれど。

さっきのスマホみたいに
「これはいらない?」
という物を減らしていったら。

私の使っているバッグが
どんどんと
小さくなりました。


大きなバッグと
小さいバッグの
両方を使うという経験を
手に入れた私が。

「こっちがいい!」と
思ったのは
断然、小さいバッグ。

ここからは
私がそう思った理由を
ふたつピックアップしますね。


まずは
当たり前のことだけど
荷物が軽くなりました。

ひとつひとつは軽くても
アイテム数が多いと
どうしても重たくなります。

そして
入れるための
場所も取りますから
使うバッグも
大きくなっちゃいます。


実は私は小柄です。

背の順で並ぶと
前から数えた方が早い
中学生の娘と
ほぼ身長が同じと言えば
どんな感じかお分かりか、と。

なので
バッグが大きいと
どうしても見た目のバランスが
「?」となるんです。


バランスが取れてないのが
嫌で嫌で
しょうがなかったのだけど。

荷物を軽くすることで
バッグが小さくなって
見た感じがよくなったし。

出かけた後の体の疲れも
心なしか
改善されたように思えます。


もうひとつのいい点は
ファッションの幅が
広がったことです。


「荷物が重い」って
思っちゃうと
バッグの選択肢が
狭くなりがちです。

荷物が重い上に
バッグもずっしり来ると
お出かけそのものが
億劫になるから。

重量感のある
皮革素材じゃなくて
軽いナイロン素材に
どうしても軍配が上がります。


ナイロンが
嫌なわけじゃないんです。

雨に強いし
軽くて実用的という
素晴らしい面を持っています。

ただ
いつもいつも
同じようなバッグになるから
飽きちゃうんですよね。


なので
バッグを選ぶ時に
持ち歩く物に
左右されないようにするために。

荷物は少なめにとどめて
軽くしておくのがよかった
っていうわけです。

選べる素材がグンと広がって
元から好きだったけど
バッグを見るのが
ますます楽しくなりました。


普段から使う物には
あなた自身が現れます。

特に
持ち歩く物には
あなたが
何を大事にしているのかが
見えて来るんです。


身軽にしておくことで
フットワーク軽く
何が起きても
柔軟に対応できるのか?

それとも
「念のために」と
考えすぎちゃって
いざという時に
身動きが取れなくなるのか?

あなたは
どっちがいいですか?


この機会に
「私の持ち物で
実はいらない物はない?」と
チェックしてみてください。

私のスマホみたいに
「これはいらない!」物が
ひとつやふたつは
あるかと思います。


今までの習慣を変えるのは
抵抗感があるだろうけど。

思い切って打ち破ることで
得られるものが必ずあります。

あなたが毎日
一歩ずつよくなっていくことが
私が願っていることです。




コメントへの返答を
現在ストップしています。

私からの返答が必要な方は
こちらのメールフォームを
ご利用ください。

  f:id:timetables:20161202204125p:plainお問い合わせ用メールフォーム


「元気になれる」
今日の一言を
毎朝8時に
配信しています。

ご登録はこちらから☆

  f:id:timetables:20161130221608p:plain【「主婦の時間割の作り方」メールマガジン】登録フォーム


「在宅の事務代行で
毎月確実に
お金を手に入れる!」
私のホームページは
こちらです。

  f:id:timetables:20161130221608p:plainアージュスタイル - 事務屋育成プログラム