読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主婦の時短を可能にする仕組み家事プランナー - 山田亜希子のブログ

家事の流れを仕組み化する「仕組み家事」をお伝えしています。仕組みさえ作ってしまえば、家事の時間は7割減!空いた時間の使い道は自由。お金を稼いだり、好きなことに使うことができるようになります。

トランプ氏から、日本の主婦が学ぶべきこと

こんばんは。
山田亜希子です。


この結末には
世界中がビックリ!
でしたよね。

そう、
アメリカの次期大統領が
決める大事なステップである
有権者による選挙と
その結果です。

大方の予想を覆して
ドナルド・トランプ氏が
当選となりました。




「今日は政治の話?」と
あなたは
思ったかもしれないけれども
そうじゃありません。

この一連の動きから
私たち日本に生きる主婦が
考えなければならないことが
ふたつあるなって思ったから。

そちらを話題にしていきます。


まず最初は
この結果が
日本に大きな影響を
もたらすこと。

そして
どこに、どんな形で
その姿を現すのか、が
今は分からないことです。

これから
年単位という時間をかけて
徐々に表れていくのだろうなと
私は予想しています。


今の時点で
私が言えることが
ひとつだけあって。

それは
雇用への影響が
とても大きいことです。


数年前から
「もしかして」と思って
自立の道を探り続け。

2年ほど前にようやく
「これで形になったな」と
思えるようになった
雇われない生き方。

  f:id:timetables:20161130220602g:plain雇われない生き方

これが
役に立つ時が
私が予想していた時期よりも
ずっとずっと早く来そうです。


私が選んだのは
小さい子どもがいてもできる
在宅での
事務代行だったけど

  f:id:timetables:20161130220602g:plain在宅で事務サポートをする、「事務屋」という仕事

他にもお仕事は
いくらでも作り出せます。

「変化の波」が来る前に
あなたにできることで
既存の雇用システムから
抜け出す準備を。


そして
もうひとつの
考えるべきことは
「何があるか分からない」
という言葉が持っている本質です。

こちらは
何回も切り口を変えつつ
このブログで
言い続けていることだけど。

改めて
「そうだよね」って思ったから
再びの登場です。


この記事の冒頭で
私が書いたことを
もう1回、見直してみてください。

実はどこにも
「大統領が決まった」と
書いていません。

そして
11月8日に行われた選挙は
大統領を決めるための
ものじゃないんです。

ご存知でしたか?


詳しいことは
検索して
調べてほしいのだけれども。

アメリカの次期大統領が
本当に決まるのは
12月29日(月)です。


11月8日の結果が
覆されることは
システム上
恐らくないと思うものの。

トランプ氏が
ここまで幾多の
「まさか選ばれないだろう」を
ひっくり返してきたのだから。

「まさか」を
過信してはいけないと
私は考えます。


「そもそも
他国の大統領なのだから」と
無視することは
とても簡単です。

でも
あなたの生活に直結する
何らかの影響が出てから
あわてて対応しようとしても
もう手遅れかもしれません。

その時に
「あぁ、あの時に…」と
思わないようにするためには
予想される事態に
対応するための準備と。

そして
何が起きても動じない
強い心が必要です。


主婦とは
家事や子育ての他にも
家族のかじ取り役という
役目を持っています。

家族と家庭に
笑顔が満ちあふれるように
普段は家事や子育てを
コツコツとこなしながら。

何かがあった時には
冷静に
そして即時で対応する。

さらに
世界情勢など
あらゆることから
「未来の家族がどうなるか」
を見定めることも
主婦には必要なんですよね。


この話題については
とても興味があるので
感じたことを
随時、書き続けていきます!




コメントへの返答を
現在ストップしています。

私からの返答が必要な方は
こちらのメールフォームを
ご利用ください。

  f:id:timetables:20161202204125p:plainお問い合わせ用メールフォーム


「元気になれる」
今日の一言を
毎朝8時に
配信しています。

ご登録はこちらから☆

  f:id:timetables:20161130221608p:plain【「主婦の時間割の作り方」メールマガジン】登録フォーム


「在宅の事務代行で
毎月確実に
お金を手に入れる!」
私のホームページは
こちらです。

  f:id:timetables:20161130221608p:plainアージュスタイル - 事務屋育成プログラム