読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主婦の時短を可能にする仕組み家事プランナー - 山田亜希子のブログ

家事の流れを仕組み化する「仕組み家事」をお伝えしています。

「専門家は正しく使え!」 - 私の失敗談から見る専門家の活用法とは?

■情報を制する |-- 情報を取捨選択する

こんばんは。
山田亜希子です。


私たちの身の回りには
たくさんの
「専門家」と呼ばれる方が
いらっしゃます。

そのジャンルは
数限りなくあり
私たちがお世話になることも
少なくないです。

ですが
専門家の正しい活用法を
あなたはご存知ですか?


インターネットが
発達した現代では
「検索する」という
とても便利な
情報収集の方法があります。

「何でもかんでも」
と言っていいくらい
検索することで
たくさんの情報を
得ることができますよね。

ただ
ここから先が問題です。


調べて得た情報を
どのように組み立てて
活用すればいいか?

ここに関する情報を
検索で手に入れることは
とても難しいです。

これだけでは
あなたにとっては
「?」だろうから
私の失敗を例にして
説明しますね。


私が失敗したのは
会社の会計に
関することです。

個人事業主だった頃は
検索で得た知識を使って
自分で確定申告してました。

分からないことが出るたびに
時間をかけて自分で調べ
「どうにかこうにか」
といった感じで進めてたんです。


私がそうしていた理由は
「税理士さんにお願いすると
高い料金が必要」と
思い込んでいたから。

サービスを受けるのですから
当然それに見合った料金が
発生します。

そのお金をかけるくらいなら
自分で調べた方がいいよね
って考えてました。


ですが
会社にしてからは
そうはいかなくて。

枠組みが変わったせいで
帳簿つけの難易度が
一気に上がり。

日々の仕事が忙しくなったのか
事務作業をする時間も
取りにくくなっていきました。


調べたら情報があるのは
個人事業主だった頃と
まったく同じです。

専門家のサイトに行けば
帳簿のつけ方は分かります。

ですが
人によって
言っていることが違っていて。

「どれを採用したらいいの?」が
私には
判断できなかったのです。


こんな時こそ
専門家の出番です!


3ヶ月、頑張ってみたけれど
自分では
どうしようもなくなったから
税理士さんの門を叩きました。

そうしたら何と!

私が悩んでいたことが
ものの30分ほどで
すべて解決したんです。

今まで悩んでいた時間を
返してほしいくらい
スッキリしちゃって

「あぁ、私はなんて
馬鹿だったんだろう」

こう思うしかありませんでした。


分からないことを
自分で調べるのは
とても大切なことです。

現在の私たちには
「インターネット」という
強力な武器があります。

ですが
その武器が通用しないことも
あります。


自力でできないことは
他者の力を借りる。

特に
今回の私のように
専門性が高くて
ミスが許されないのなら
積極的に活用するべきです。

普段から
「人を頼る」は
やっていたつもりだったけど
まだまだ足りなかったみたい。


あなたには
今回の私のような
失敗をしないように。

手を借りるべきことに対しては
しっかりと「助けて」を
言ってほしいです。

自分で頑張ることと
誰かのサポートを受けることを
きちんと見極める。

これが大事なのだと
私は考えます。




コメントへの返答を
現在ストップしています。

私からの返答が必要な方は
こちらのメールフォームを
ご利用ください。

  f:id:timetables:20161202204125p:plainお問い合わせ用メールフォーム


「元気になれる」
今日の一言を
毎朝8時に
配信しています。

ご登録はこちらから☆

  f:id:timetables:20161130221608p:plain【「主婦の時間割の作り方」メールマガジン】登録フォーム


「在宅の事務代行で
毎月確実に
お金を手に入れる!」
私のホームページは
こちらです。

  f:id:timetables:20161130221608p:plainアージュスタイル - 事務屋育成プログラム