時短テクニックで効率化する! - 時短プランナー・山田亜希子のブログ

「時間がない」「もっと効率よく仕事を進めたい!」こんな悩みや願いを持っている方のために、今すぐ使える時短術を公開しています。

キッチンのシンクで洗い桶を使わないことで、食器洗いの時間を3割減らす方法

主婦であれば
避けて通ることはできない
食事の後片付け。

その中でも
特に人気がないのが
食器洗いではないでしょうか。

かく言う私も
「食器洗いが大好きか?」
というと
その返事は「No!」です。


洗い桶のない、我が家のキッチン

実は我が家のキッチンには
洗い桶がありません。

汚れた食器は
使った人がシンクに持ってきて
水を張るというのがルール。

息子も大きくなってきて
このルールに
参加できるようになり
私の手間は飛躍的に減りました。


ところで
あなたは洗い桶って
使っていますか?

私の場合は
以前は持っていたのだけど
シンクの中で場所を取るばかりで
うまく使いこなせないまま
終わってしまいました。


私が洗い桶を
使いこなせなかった理由は
他にもあります。

それは何か?っていうと
洗い桶の中に入れた食器に
ついている汚れが
他の食器にも移るから。

ついうっかり
油まみれの食器を
入れたら最後
すべての食器に油がつくのが
どうにも嫌だったんです。


というわけで
我が家のキッチンは

  • 洗い桶がない
  • 使った後の食器は
    家族全員が自分で水を張る

この状態になった
というわけです。


食器洗いを効率化するコツは、シンクに食器を置く時のルールを決めること

食べた後の食器を
シンクに入れる時のルールは
他にもあります。

そのルールとは

  • 油分の多い食器は排水溝の手前に
  • 油分の少ない食器は排水溝から離して
  • グラスはシンクの向かって右側
  • お箸やカトラリーはシンクの向かって左側

こういった
食器の置き場所についての
ルールです。


これを読んで
「神経質じゃないの?」と
思った方も
いらっしゃるかもしれません。

ですが
実際に食器を洗う時のことを
思い出してください。


油分の多い食器が
排水溝から離れていたとしたら
油が排水溝に向かって
より長い距離を流れていきます。

つまり
シンクが無駄に汚れて
掃除の手間が
余計にかかります。

そして
食器がバラバラに置かれていると
ひとつの食器を洗うたびに
手の動きもバラバラになり
ストレスの原因となります。

同じ種類の食器は
まとめて配置することで
洗う時のスピードが
飛躍的に上がるのです。


「次に何が起きるのか?」が、家事の時短を実現するキーワード

今日は
食器を洗う前に
私が何を考えていて
どう行動しているのかを
お話ししました。

文字にしてしまえば
取るに足らない
ほんのちょっとしたことです。

ですが
この通りに行動してもらえば
私が何をお伝えしたいのかが
きっと分かってもらえるか、と。


今、この瞬間に
心地よくあるために
次に何が起きるのかを考えて
先に手を打っておく。

家事というものは
この行動の連続だと
私は考えます。

手を抜いてサボったツケは
あなた自身が
どこかのタイミングで
支払うことになります。

「しまった!」と
後から後悔しないために
「今、少しの手間をかける」を
家事をする時には
思い出してくださいね。



f:id:timetables:20171115112802j:plain

f:id:timetables:20170209202241g:plain在宅の事務代行で
パート勤務と同じ収入が手に入る!
事務屋育成プログラム「2日間集中コース」

www.argestyle.com


LINE、やってます!
ぜひお友だちになってくださいね☆

友だち追加
こちらをクリックでもOKです


「元気になれる」 今日の一言を
毎朝8時に配信しています。

ご登録はこちらから☆

  f:id:timetables:20161202204125p:plain【「主婦の時間割の作り方」メールマガジン】登録フォーム


私に直接連絡を取りたい
企業のご担当者様は
こちらのメールフォームを
ご利用ください。

  f:id:timetables:20161202204125p:plainお問い合わせ用メールフォーム