時短テクニックで効率化する! - 時短プランナー・ウメノリカのブログ

「時間がない」「もっと効率よく仕事を進めたい!」こんな悩みや願いを持っている方のために、今すぐ使える時短術を公開しています。

お正月の福袋を「当たり」にするコツ - 「失敗した」と思ってもリカバリーは可能です!

以前、福袋について
こんな記事を書きました。

www.timetables.biz

福袋に対する私の意見は
記事を読んで頂くとして。

福袋について
数日前に
娘とこんな会話をしました。


子どもでも分かるのに、なぜ大人は分からないの?

彼女が言うには
「何が入っているか
分からない物なんていらない」
だそうで。

うん、さすがに
私の娘だけあって
よく分かってらっしゃる。

自分がほしい物だけを
しっかりと吟味して
「それだけ」手に入れたいそう。


無駄遣いを防いで
家計にメリハリをつけるのに
大敵であるのが
「福袋」という存在です。

「自分にとっていらない物は
たとえタダであっても
家に入れてはいけない」

これは
居心地のいい家に
住みたいのであれば
必須科目です。


これらの項目を
私の娘は
すでにクリア済み。

そんな彼女は
「私でも簡単に分かるのに
なぜ大人は分かんないのかな」
だそうです。


お正月にすでに福袋を買ってしまった、あなたへ

この記事がすでに手遅れで
「福袋、もう買っちゃったよ!」
というあなた。

まだ遅くはありません!

今から書くことを
すぐにでも実行してください。


福袋で後悔しないテクニック1:「要・不要」を仕分けする

入っていた物を
すべて出してみましょう。

出した後は

  1. すでに使ってます
  2. 明日にでも使い始めます
  3. いつか使うかも…
  4. これ、いらない!

この4つに仕分けを。


福袋で後悔しないテクニック2:使い道をすぐに言えない物は、捨てる

先ほど4つに分けた
福袋に入っていた物は
「1」「2」は
そのまま手元に置いておいてOK。

「3」「4」は
今すぐ捨てましょう。

「誰かにあげたらいい」と
思っていても
差し上げる機会がいつ来るかは
誰にも分かりません。

「明日、会う約束がある」など
明らかに手渡せるのなら
そうすること。

1週間以上
会う機会がなさそうなら
渡せないものとして
さっさと処分を。


福袋で後悔しないテクニック3:残った物について、「定価で買ったら」を考える

あなたがする最後のことは
手元に残した物の定価を
調べること。

その金額は
福袋のお値段と
割に釣り合っているものです。

実際に使えた物の値段を知り
「金額差が少ない」という
事実が分かれば
「使えない物ばかりで損した!」
とはならないはずです。


福袋は、スマホゲームの「ガチャ」と同じです!

お買い物の基本は

  • 自分が必要な物だけを
  • 適切と思える金額で
  • 買う物に見合った接客を受けて

この3つだと
私は考えています。

福袋って
この3つの条件を
ことごとく外した存在のように
私には思えます。


ですが
たまの楽しみとして
福袋を買うことを
否定することはしません。

ただ
自己責任であることを忘れずに。

「ゴミしか入っていなかった」
なんて文句を言わないことが
福袋に勝つコツなのですから。

www.timetables.biz



f:id:timetables:20180103150149j:plain


f:id:timetables:20170209202241g:plain在宅のフリーランス事務代行で
パート勤務と同じ収入が手に入る!
事務屋育成プログラム「2日間集中コース」

www.argestyle.com


LINE、やってます!
ぜひお友だちになってくださいね☆

友だち追加
こちらをクリックでもOKです


「元気になれる」 今日の一言を
毎朝8時に配信しています。

ご登録はこちらから☆

  f:id:timetables:20161202204125p:plain【「主婦の時間割の作り方」メールマガジン】登録フォーム


私に直接連絡を取りたい
企業のご担当者様は
こちらのメールフォームを
ご利用ください。

  f:id:timetables:20161202204125p:plainお問い合わせ用メールフォーム