時短テクニックで効率化する! - 時短プランナー・ウメノリカのブログ

「時間がない」「もっと効率よく仕事を進めたい!」こんな悩みや願いを持っている方のために、今すぐ使える時短術を公開しています。

タスクシュート、いつもと大きく違うスケジュールの時はどう使う?

f:id:timetables:20180810100652j:plain

こんにちは!ウメノリカ(@umenorika1208)です。

今は朝の9時過ぎ、普段なら家事をしている時間。

なのに今日の朝は何もすることがありません。

タスクシュートを使い始めて半月が過ぎ、私が恐れていた日が実は昨日から訪れています。


「恐れていた」なんて書くと大げさだけど、実際は「なぁんだ、そんなこと?」なんですよね。

昨日、私が投稿したTwitterを見てもらえたら分かってもらえるか、と。

 
そう!昨日から仕事で東京に来ていて、出張先のホテルでこの記事を書いているんです。


私が恐れていること。

それは「いつもとは違う環境で、タスクシュートは使えるのだろうか?」

さらに言うと「ちゃんと入力できるのだろうか?」です。


タスクシュートには、毎日の入力が必要なの?

タスクシュートを使う前に私が思っていたのは、「毎日きっちり入力なんて、無理!」ということ。

その存在を知ってから使い始めるまでに、半年という時間が必要だったくらいなので。


そして、使い始めてから10日後の私の考えとしては

  • 入力を完全に放棄する必要はない
  • できる部分だけでも何かしら登録しておく
  • 毎日、必ずやることは記録しよう!

となっています。


記録は完全なものじゃないと意味がないわけではなく、一部分だけでも十分に活用できること。

「記録がない」にも、意味は必ず存在すること。

学生時代に統計学を先行した時に教授からこう教わったのに、すっかり忘れてました!

後で考えが変わるかもしれないけれども、今のところはこんな感じです。


昨日の私をタスクシュートで振り返る

では、ここで出張初日の私をタスクシュートで振り返ってみます。

f:id:timetables:20180810100740p:plain
 
朝の家事はいつも通りこなしてから家を出るので、やったことをそのまま記録。


f:id:timetables:20180810100755p:plain
 
自宅を出てからはこまめな入力が難しく、「出張」というタスクを作ってまとめる。


f:id:timetables:20180810100809p:plain
 
出張先でもデスクワークの時はPCが目の前にあるので、その時はやったことを入力しました。


昨日はこれでうまくいったかな、と感じます。

今日は昨日の営業と打ち合わせの後処理をする日なので、こまめな記録ができるかな。(だから、こうしてブログが書けている)

明日はセミナーに登壇するので、ほぼ何も記録できない予定(苦笑)です。


タスクシュートは、自分の現状に合った方法で使えばよい!

タスクシュートはとても優れたツールです。

でも、ツールはツールに過ぎないし、道具の主人は使っている人間であるはず。

なので、自分の目的と性格に合った使い方をすればいいのかな、と感じています。


工夫次第でいろんなことができるのが、タスクシュートというもの。

私の知らない機能や使い方、きっとまだまだあるんだろうなぁ。


f:id:timetables:20170209202241g:plainいつでも気兼ねなくランチに行ける!
月に1万円のお小遣いを稼ぐ「プロ事務・基礎講座」 www.argestyle.com
f:id:timetables:20170502151050p:plain「元気になれる」今日の一言を毎朝8時に配信しています。
ご登録はこちらから!
【「主婦の時間割の作り方」メールマガジン】登録フォーム

f:id:timetables:20161202204125p:plain私に直接連絡を取りたい企業のご担当者様は、こちらのメールフォームをご利用ください。
お問い合わせ用メールフォーム